Amazon Prime Videoオリジナル大人気シリーズ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』最新作シーズン5開始!

「Amazon Prime Video」にて、大人気シリーズ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』の最新作シーズン5の見放題独占配信が、2018年4月20日(金)にスタートします。毎週金曜日更新で、全5話構成となります。

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル

スポンサーリンク
livraisonvideo-レクタングル(大)

新ルール追加で新たなドラマに期待!

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』は、松本人志発案による「密室笑わせ合いサバイバル」番組です。毎回10人の芸人たちが自腹の参加費100万円を手に、芸人のプライドをかけて笑いを仕掛け、笑いを耐えます。

密室の中で制限時間6時間の間、参加者は30第以上のカメラでリアルタイムに監視され、裏から厳しい目で見つめる松本人志が「あ、こいつ今笑ったな」とみなしたところでサイレンが始動し、レッドカードが出されると、即退場となります。

相手を笑わせるためなら、何かを持ち込んだり、仕込んだりすることもOKで、いつ、どこで仕掛けてもOKです。

激しいサバイバルをくぐり抜け、最後まで笑わずに生き残った者には賞金1,000万円が支払われます。

今回のシーズン5では、新ルールとして、参加者以外に”助っ人を1人呼べる”というルールが加わりました。今までは参加者しか入れない”笑いの聖域”だったスタジオ内に第三者が加わることで新たなドラマが期待されます。

これまでは参加者を事前に発表していましたが、今回は配信日当日に公表されます。

シーズン0から4まで累計39名が挑戦した『ドキュメンタル』に新たな歴史を刻むメンバーが誰なのか期待されます。

ドキュメンタルのルールは下記の通りとなっています。

・参加者10人と松本人志はそれぞれ参加費100万円を用意
・制限時間は6時間
・同じ部屋に集まった参加者同士が笑わせ合う
・松本の判断により、笑った参加者は退場
・最後の1人に残ったものが優勝賞金1100万円を獲得
・出演者には、1回笑わせる度に1ポイント付与。制限時間、残り1時間となった時点でポイント数を公表。2人以上で制限時間を迎えた場合は、ポイント数が1番高い参加者が勝者となる。
・1人でも退場者が出た場合、その後松本の判断により、“ゾンビタイム”が導入される。ゾンビタイムでは、敗者が一時的に『ドキュメンタル』に復帰し、生き残っている参加者に“笑い”を仕掛けられる。ゾンビタイムに参加するかどうかは自身の判断。生き残っている参加者を全員笑わすことができた場合、ノーコンテストとなり参加費が返還される。
・参加者以外に、助っ人を1人呼ぶことができる。※シーズン5より導入された新ルール

「Amazon Prime Video」は、プレミアムなオンデマンド・エンターテイメント・サービスです。お客様が、見たい作品を見たい方法でご覧いただけるよう多様な選択肢をご提供しています。数千本もの人気映画やテレビ番組、また、各賞を受賞したAmazonスタジオ制作による、Prime Originalドラマなどを、Amazonプライム会員であれば見放題で見ることができます。

また、数万本の新作映画やテレビ番組をオンデマンドでレンタルまたは購入することも可能です。

Amazonプライムは、30日間の無料体験期間が用意されています。無料体験期間中は、Prime Videoのほか、Prime Musicを利用することもでき、お急ぎ便や日時指定便が追加料金無しで無制限に使用することができます。もちろん、無料期間中に退会すれば会費の請求は発生しません。

ぜひ、「Amazon Prime Video」で松本人志が仕掛ける「いちばんシンプルで、いちばん面白い奴を決めるための実験」『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』を楽しんでみてはいかがですか。

『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン5概要

配信開始日:2018年4月20日(金)
話数:5話(毎週金曜日1話更新)
出演: 松本人志(ダウンタウン)ほか
コピーライト:©2018 YD Creation

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル

スポンサーリンク
livraisonvideo-レクタングル(大)